yasoblog(仮)

僕の頭の中を書いてみた。

コミュ障? 話の合う人がいないだけなんだってことにしよう。

僕は喋るのは得意じゃないし、できれば話したくないし人見知りだし、うまく自分を表現できない。

コミュ障の気はある。と思う。

本職(?)の人には失礼なのかもしれないけれど、ふと思った。タイトルの通り。

コミュ障だと落ち込むんじゃなくて前向きに考えてみよう、という意味合いで捉えてもらえればと思う。

 

少し自分語りをする。

僕は中学を出てからはずっと理系の道を歩んできた。別に好きじゃなく親に言われて。

本当は歴史とか大好き。

そして僕の周りの理系の人たちには当然、歴史好きはいなかった。

社会人になってもそれは続く。

だから自分の好きなことをたくさん語るというのは難しい。

好きなことを話せず、結果あんまり話さなくなる。

 

人との会話は相性がとても大事。会話が苦手な人は会話が合う人とまだ巡り会えてないだけなんだ。

今僕は職場でなんとか趣味の合う人を見つけたので時々話したり出かけたりしている。

ツイッターとかのSNSを使えば共通の趣味の人はたくさん見つかる。

あとは一歩踏み出す勇気だけ。そこを頑張ればたくさん話せる。はず。

 

コミュ障であることを周りの環境のせいにして言い訳している。

本当のコミュ障はそんな甘いもんじゃない。

とか色々あるかもしれないけど、僕はそう思った。