yasoblog(仮)

僕の頭の中を書いてみた。

できたての本

f:id:yasobe:20170105101135j:plain

印刷されてから1か月以内の本を”できたての本”と自称したい。

1か月の定義に特に理由はない。

なんとなくそれ位の時期までは本に真新しさを感じるような気がする。

きれいに切り整えられた小口、めくると鼻に入る紙の匂い。やっぱりこれ。

 

今回は「君の膵臓をたべたい」という本を入手した。

タイトルを見たときはゲゲゲッという感じだったけど、読めば分かる。そんなタイトルだ。

書きっぷりはラノベな雰囲気がたっぷりで読みやすい。

主人公のボッチ思考加減に半ばうんざりする。(ボクもそんな感じなんですがね)

ヒロインの底抜けの明るさに助けられる、読んでても飽きのこない1冊でした。