yasoblog(仮)

僕の頭の中を書いてみた。

能登半島に行ってきました!! ~能登半島ツーリングの成功と失敗~

7/20から平日休みを貰えたということでドコを走ろうかな~っとずっと悩んでおりました。

そして休日前夜に嫁さんに「ドコ走ってほしい??」て聞いてみると

「のと」

という返事がありましたので、これは能登半島だと勝手に解釈し能登半島ツーリングが実現しました。

今回の記事では、

ココがよかった!ココがまずかった・・・を整理できればと思います。

能登半島のココがよかった

1. 海岸線を走る滑らかなワインディング

f:id:yasobe:20160720182548j:plain

能登半島の海岸線のほぼ全域に道路が通ってます。

しかもその道路のほとんどが国道(249号線)になっており走りやすく整備されてます。

風が強い時には波しぶきがぶっかかるほどに海に近く長い道は意外と珍しいのでは!?

 

2. 砂浜を走れる”なぎさドライブウェイ”

f:id:yasobe:20160720134718j:plain

実は当初の予定(というか存在自体が僕の頭に)には無かったのですが能登半島の付け根の西側に千里浜というまーっすぐな砂浜があり、ソコは何と車両で走ることができるんです。

8km近く距離もあるので十分に砂浜ツーリングを楽しめます。

砂埃を上げながら走るのは疾走感MAXで超楽しいです。

が!!!

いくら走りやすく整備されてるとはいえ砂の上です。あんまり調子に乗るとコケるので要注意。あと駐輪するときはスタンド下に板などを敷きましょうね。

走った後は砂だらけになるので洗車も忘れずに!

 

3. 無料の自動車道でスイスイ行ける!

f:id:yasobe:20160808224719j:plain

能登半島の大部分と金沢市を結ぶ全長83kmの、のと里山海道

図の青色+緑色の区間がなんと無料。区間内の今浜ICや千里浜ICで前述のなぎさドライブウェイに行けるし、能登半島の先までスイスイ行けちゃいます。

能越自動車道を経由すれば北陸自動車道へもアクセス可能です。

時間短縮したいときには持って来いのルートですね。

 

能登半島のココがまずかった

そして今回、唯一ダメだったのがこれです。

f:id:yasobe:20160808230221p:plain

同縮尺で見た岐阜県能登半島です。

岐阜県は僕が住んでるところなので比較参考にしました。

何が言いたいかというと、能登半島思ってたよりでかい問題です。

この図でもなんとなくわかると思いますが岐阜の縦の長さと能登半島の長さがほぼ同じ!

具体的に数値で表してみると・・・

岐阜市高山市:約120km

金沢市珠洲市:約140km

ほら、おんなじ。

そしてこれを全く知らなかった僕は岐阜市近隣から珠洲市の禄剛埼灯台まで日帰りで行けるものと思い込んでました。それも下道で。往路で約400km。

馬鹿ですね。ちゃんと調べろと。

おかげで灯台についたのは夕方5時。

急遽、七尾市のビジホを取ってまさかの初宿泊ツーリングの実現です。

楽しかったけどねw

 

と、言うことで今回はこんな感じでおしまい!

次行くときは能登半島のでかさを思い出してプランします。