yasoblog(仮)

僕の頭の中を書いてみた。

ハンバーグうまい。

ハンバーグうまい。

匂いがうまい。
挽肉の焼けた匂い。
少し焦げてて、脂っぽい匂い。うまい。
ソースの匂いもいい促進剤になってて引き立ってる。
クンクンが止まらい。空気中に漂うハンバーグの匂い成分を99.99%まで吸収してその匂いを堪能したい。犬になりたい。はやく。

見た目もうまい。
茶色い。けどうまい。テッカテカ。脂がヘブン状態で踊り狂ってる。これはうまい。
焦げも少しある方がいい。うまい。
ウェルダンくらいがいい。
見た目。うまいから。

音もうまい。
聞こえるだろうかあの音が。胸と心と胃袋に響くジュウーっとした音が。
耳から離れない。いや、離れないで欲しい。
ずっと幻聴になって僕の耳に留まっていて。
他の音なんて要らない。

ナイフで切ってみたら、うまい。
何なんだこのナイフから伝わる肉感は。
フワサパッ。トロー。
断面がうまいことになっている。
肉汁がトロトロ出てくる。エロい。
もう口にせずにはいられない。うまいんだから。
横に置いてあるコーンとかポテトとか、もうどうでもいい。ハンバーグを食べたい。
フォークでうまそうなボディをぶっ刺して迷わず口に放り込みたい。今すぐ。


もう、何も言うことは無い。

うまいから。ぜったい。